びぃぶろぐ参考書第五章

できるブログ
できるブログ


この章ではデジカメで撮った写真をブログに掲載する方法を説明しています。
<写真のサイズを調整する>
デジカメで撮影した写真はサイズが大きい、画像処理ソフトを使って小さくします。
.妊献メで撮影
▲僖愁灰鵑房茲蟾み写真のサイズを縮小写真を管理ページに登録する
ー命燭魎浜ページから登録
記事を作る時に写真を表示する記号を確認する
写真が記事に掲載されているか確認
以上の写真を掲載する流れを説明しています。
<写真の加工>
ここではWindowsXPに付属しているペイントの機能を利用して写真サイズを縮小してブログ用の写真を加工します、びぃぶろぐでは一枚100KB以下の写真しかアップロードできません
<写真付きの記事を投稿>
撮影した写真を縮小して、ブログに写真を掲載する準備ができたら、管理ページを表示して登録の仕方と、写真付きの記事の投稿の方法を説明しています。
<複数枚の写真をつかった記事の投稿>
ひとつの記事に複数枚の写真を掲載したい時もあると思います、ちょっとしたテクニックが必要です。そんな方法を説明しています。文字だけのブログだと味気ないですよね、料理などの手順を複数枚の写真で掲載したり、一日一枚写真を掲載して写真日記を書いたりとか、写真を使えばさらに楽しくなりますよ。私はキャノンのデジカメを使っているのですが、その付属している《ZoomBrowserEX》というソフトで縮小しています、これはペイント機能よりも大変簡単、次のページで説明しています、よろしかったら見て下さい。

続きを読む >>

びぃぶろぐ 参考書 第四章

できるブログ
できるブログ
<第四章>
第三章では携帯電話からの記事の投稿の方法を説明してみました。私のバファローズオープン戦(11)の記事は職場での休憩時間や通勤電車の中である程度、携帯電話で書き上げて投稿して、家に帰ってきて画像を加えたりして編集して書きあげた。時間を有効の活用して記事を投稿する事ができる。
この章ではその記事の編集の方法を説明してあります。

<記事の整理と編集>
この章でのレッスンする事を項目にして書いてあります。
・ カテゴリーの変更
・ 記事の削除
・ 記事の内容の追加
・ 太文字にする
・ 記事の続き

<カテゴリーの変更>
携帯電話から投稿された記事は全て「モブログ」に分類されます。その記事のにふさわしいカテゴリーに変更する方法を説明してます。

<記事の削除>
ここでは、明らかに間違いである記事、内容が重複した時に記事を削除したい時の方法を説明してあります。

<内容の追加>
一度投稿した記事でも、後から追加したいがあると思います。記事を編集する画面でいつでも編集する事ができます。

<文字の太さ>
記事に色々効果をつけたり、強調したい時に文字の太さを変更してみます。
私が項目ごとに太い文字している方法を説明してあります。

<絵文字>
嬉しいこんな感じで絵文字を入れる方法を説明しています。

<記事の続き>
長い記事を2つに分けて表示する方法「記事の続き」という機能をを使って記事をよみやすくする方法を説明しています。私のブログのバファローズオープン戦(13)の
続きを読む>>がそうです。

この章のまとめとして、記事は簡単に修正できます、一度投稿して終わりということではあいません、特に携帯電話で投稿した時は修正する事が多くなるでしょう。

このできるシリーズは図解入りで説明していて、ブログ初心者、パソコンが苦手な方、高齢者などにとてもわかり易く説明してあります、入門書の元祖といってもいいでしょう。私は手元に置きながらやっています、心強い存在です。
よろしければこ本の画像をクリックしてみて下さい、一冊いかがですか?

アマゾンでは1500円以上送料無料、代金引換(手数料260円)も利用できます。

びぃぶろぐ 参考書 第三章

できるブログ
できるブログ

<第三章>
この章では携帯電話での記事の投稿の方法を説明してます。ブログの記事の投稿にはけっしてパソコンが必要な訳ではありません。

<気軽に投稿しよう!>
ここでは携帯電話で、できる事が書いてます。

・ 携帯電話のメール機能を使って投稿できる。
・ 写真も簡単に添付して投稿できる。
・ 携帯電話でブログが見れる(閲覧できないものもある)

<携帯専用のカテゴリーを作る>
専用のカテゴリーを作成しておけば、携帯電話からの投稿をまとめて見ることができます。

<携帯電話での投稿の設定>
びぃぶろぐ(JUGEM)の管理画面からモブログの設定項目で携帯電話から投稿できる様に設定し、携帯電話側の設定の方法も説明してます。

<携帯電話での記事の投稿>
ここでは、携帯電話から記事の投稿の方法が説明してあります。

<携帯電話での写真の投稿>
最近の携帯電話にはほとんどカメラが付いています。携帯電話で撮影した写真をそのままブログに投稿する方法が説明してあります。

<携帯電話での閲覧>
携帯電話で投稿した記事は、パソコンで確認しなくても携帯電話から見る事ができます。その閲覧方法を説明してあります。
ブログサービス、携帯電話の種類によっては閲覧できないものがあります。

この章のまとめとしては、携帯電話だけでもブログが楽しめるという事です。
携帯電話さえあればどこからでも記事が投稿できます、例えば、旅先で景色が美しかった、料理が美味しかった、こんなものがありましたとか、携帯電話で写真を添付して簡単に途中経過を報告して、帰宅してから記事を編集して詳しく報告したり、私がよく見させてもらってるBsとともに・・・ さんみたいに野球場から途中経過を報告したりと色々な方法があり、携帯電話から投稿できれば大変楽しいと思います。

このできるシリーズは図解入りで説明していて、ブログ初心者、パソコンが苦手な方、高齢者などにとてもわかり易く説明してあります、入門書の元祖といってもいいでしょう。私は手元に置きながらやっています、心強い存在です。
よろしければこ本の画像をクリックしてみて下さい、一冊いかがですか?

アマゾンでは1500円以上送料無料、代金引換(手数料260円)も利用できます。

びぃぶろぐ 参考書 第二章

できるブログ
できるブログ
<第二章>
この本の第二章では、実際にびぃぶろぐ(JUGEM)のサービスを使ってブログを作って行きます。

<ブログ全体の構成の決め方>
ここではブログの基本的な部分、デブログのザイン、ブログのタイトル、ブログの説明文、自分のプロフィール、記事のカテゴリーの意味や作り方を説明してあります。

<ブログサービスの申し込み方>
ここではJUGEMへのサービスの申し込み方を説明してあるのですが、びぃぶろぐではベイコムのほHPから「baiのブログサービス びぃぶろぐ」からびぃぶろぐのページでわかり易く説明してます。

<ブログの表示>
ブログサービスの申し込んで、メールが届いたら自分のブログを表示する事ができます。

<ブログにタイトルと説明文の付け方>
ここではブログの顔であるタイトルと説明文の付け方を説明してます。

<プロフィールの編集>
ここでは、ブログ読者にアピールするために、自己紹介の仕方を説明してます。

<カテゴリーの作成方>
ここでは記事をジャンルごとに分類し、好みの記事を見つけやすいように、カテゴリーの作り方を説明してます。

<記事の投稿のやり方>
いよいよ記事の投稿です、ブログを運営していく上で一番基本となる部分を説明してます。これが終われば、自分のブログの完成です。

このできるシリーズは図解入りで説明していて、ブログ初心者、パソコンが苦手な方、高齢者などにとてもわかり易く説明してあります、入門書の元祖といってもいいでしょう。私は手元に置きながらやっています、心強い存在です。
よろしければこ本の画像をクリックしてみて下さい、一冊いかがですか?

アマゾンでは1500円以上送料無料、代金引換(手数料260円)も利用できます。

びぃぶろぐ 参考書 第一章

できるブログ
できるブログ
田口 和裕, できるシリーズ編集部
<ベイコミニケイションズ>
昨秋、我が家はプロバイダをベイコム以前はOCNだったがデジタルTV、インターネットのセットが値下げになった、さらにキャンペーンでお得だったのでに乗り換えた。ここは阪神電鉄傘下のケーブルTVの会社である。OCNでもブログ人というサービスをしていて私は準備していたが、やらずじまいに終わってしまった。

<できるブログ>
ベイコムに乗り換えて、トップページをみると「びぃぶろぐ」というブログサービスを行っているじゃありませんか!これはやらずにはいられない。
けれどブログというものは日記タイプの簡易型ホームページだと知っていたが、やり方、仕組みがわからない。インターネットで調べてやってもいいんだが、そこまで辿り着くまで邪魔くさい。
私は入門書みたいな本を参考にしながら手元においてやりたい方だ。それで通勤の途中でよく利用する「あべのユーゴー書店」で探してみた。
なかなか参考になる本が見つからなかったが、私のブログのサイドバーに表示しましたが「できるブログ gooブログ対応」を最初購入した。わかりやすく説明してあるしブログ自体ほとんど仕組みは同じなのである程度参考になった。
後日、何気なしにあべのアポロビルの喜久屋書店に行ってみると先ほどの色違いの「できるブログ」の本が、中身を見ると「やられた!」と思った! 

<JUGEM>
その理由、この本はJUGEMというブログサービスを使いながら説明している。
どこかで見た設定画面だと思ったら、このびぃぶろぐと同じだ!B−Blognoの管理画面の下の方スクロールして見ると「Powered by paperboy&co. "JUGEM" 」
と書いているじゃありませんか!もったいない事をしてしまった、結局この本を買うはめに、最初かか喜久屋書店に行けば良かったと後悔している今日この頃です。

続きを読む >>

Go to top of page