バファローズ 2006 (2)

乱闘好きの朋ちゃん
〈Bs2‐8L〉
26日は仕事で泊まり勤務なんでテレビ観戦できません。携帯電話で記事書きました。そして27日、家に帰って編集しました。負けちゃいました。セラフィニはナカジー、カブにそして和田に一発打たれたみたい、打たれる時は気持ち良く思いっきりやられましょう、その代わり抑える時はピシッと行きましょう。
打線は10台バッテリーに抑えられましたね、涌井、炭谷の年齢を足しても私よりも若い・・・けど負け試合でもこの男は黙っていない、大沼から移籍後初打点をマークした清原「負けたら一緒や」と言いながらも意地を見せてくれた。
一方のノリは涌井の前に3三振、まぁ彼はスロースターターですから、大阪造幣局の通り抜けが終わってからエンジンがかかるでしょう。
まぁ開幕2連戦1勝1敗で上出来じゃないですか、それに26日付の関西スポーツ新聞は報知を除いてほぼバファローズがトップをジャック、2面3面もパリーグの記事が掲載されておりました、流石ですね新聞各社はどこかの放送局と違って…
さてオリックスは5年ぶりの開幕勝利、中村監督は3908日ぶりの勝利だ。またオープン戦での成績が嘘の様です。天国で見ている仰木さんも喜んでることでしょう。
次は楽天3連戦、3タテして開幕ダッシュ決めてもらいましょう!

Go to top of page