五島漫遊記(7)

指定券
鳥栖で寝台特急はやぶさに別れを告げます。

ここで佐世保に向かうため特急みどり7号に乗り換えです。

車両はハイパーサルーン783系というもので、国鉄最後の時代に作られた車両、乗降口が車両の中央にあるのが特徴です。

編成は先頭にかもめ、真ん中にハウステンボス、最後部にみどりと13両編成と豪快だ!

肥前山口でかもめ、早岐でハウステンボスを切り離します。

ハウステンボスを切り離して発車すると、あれれ、今まで来た方向と逆に走ります。私は知っていたので何とも思いませんが、初めて乗った人は乗り間違ったと思ってびっくりするかもしれませんね?

佐世保では上り列車のみどりの座席は進行方向と反対に向いております。

12:07分、佐世保に到着。大阪を出発して11時間の長旅は終了です、やはり大変疲れました。実は新大阪7:42発の「のぞみ59号(N700)」に乗れば、これと同じ時間に到着します。時代は高速化の波が押し寄せてますな、これではブルートレインも苦しいかもしれませんね。

今回は往復とも乗り換え駅で時間が無かったのでJR九州の車両の写真をあまり撮影できませんでした。JR九州の車両は色がカラフルで、デザインも奇抜なので大好きです。次回は乗り換え時間に余裕を持って行きたいと思います。

さて次は五島へと渡るために、船に乗ります。台風15号の影響で13:00の高速船にのれるかどうか?

少しですが、ヤフーフォトにJR九州の画像をアップしましたので、よろしかったらこのブログのサイドメニューのリンクのヤフーフォトからどうぞ。









Comments

Post a Comment








Track back URL

http://kawaken.blog.bai.ne.jp/trackback/139840

Trackbacks

Go to top of page