びぃぶろぐ 参考書 第一章

できるブログ
できるブログ
田口 和裕, できるシリーズ編集部
<ベイコミニケイションズ>
昨秋、我が家はプロバイダをベイコム以前はOCNだったがデジタルTV、インターネットのセットが値下げになった、さらにキャンペーンでお得だったのでに乗り換えた。ここは阪神電鉄傘下のケーブルTVの会社である。OCNでもブログ人というサービスをしていて私は準備していたが、やらずじまいに終わってしまった。

<できるブログ>
ベイコムに乗り換えて、トップページをみると「びぃぶろぐ」というブログサービスを行っているじゃありませんか!これはやらずにはいられない。
けれどブログというものは日記タイプの簡易型ホームページだと知っていたが、やり方、仕組みがわからない。インターネットで調べてやってもいいんだが、そこまで辿り着くまで邪魔くさい。
私は入門書みたいな本を参考にしながら手元においてやりたい方だ。それで通勤の途中でよく利用する「あべのユーゴー書店」で探してみた。
なかなか参考になる本が見つからなかったが、私のブログのサイドバーに表示しましたが「できるブログ gooブログ対応」を最初購入した。わかりやすく説明してあるしブログ自体ほとんど仕組みは同じなのである程度参考になった。
後日、何気なしにあべのアポロビルの喜久屋書店に行ってみると先ほどの色違いの「できるブログ」の本が、中身を見ると「やられた!」と思った! 

<JUGEM>
その理由、この本はJUGEMというブログサービスを使いながら説明している。
どこかで見た設定画面だと思ったら、このびぃぶろぐと同じだ!B−Blognoの管理画面の下の方スクロールして見ると「Powered by paperboy&co. "JUGEM" 」
と書いているじゃありませんか!もったいない事をしてしまった、結局この本を買うはめに、最初かか喜久屋書店に行けば良かったと後悔している今日この頃です。

<第一章>
ここでは自分のブログを作る前に他人のブログを見てどの様なものか理解して、ブログのレイアウトや、要素、特徴などを学びます。

<ブログてなに?>
ここではブログてどのようなものか詳しく説明してあります。

<ブログの読み方>
ここではブログの窓口であるトップページの構成されているさまざまな部分、ブログのタイトル、ブログの説明文、記事、サイドバー、カレンダー、最近の記事、カテゴリー、アーカイブなど詳しく説明してあります。
びぃぶろぐではタイトル、説明文などなどのつけ方など簡単に説明してありますが、なにせパーツの意味を理解していないものだから大変苦労しました。ある程度理解していればすぐにできると思います。

<ブログの閲覧>
ここでは実際にブログを見て、さまざまな部分をクリックして、ブログの特徴を確認します。

<ブログに感想を書く>
記事を読んだ人が記事に対して感想をコメントととして残せるのもブログの特徴です、そのコメントの仕方を説明してあります。
コメントで読者との交流を広げられるのも大きな魅力です。

<ブログのテーマの決め方>
ブログを作る前にテーマを考えておきましょうと、自分の興味のあること、身近なことなどにしましょうなど、続けるコツなど説明してます。

この章ではブログを作る前のコツ、他人のブログを見てルールなど色々感じて自分のブログを作る上での参考などが説明してます。

このできるシリーズは図解入りで説明していて、ブログ初心者、パソコンが苦手な方、高齢者などにとてもわかり易く説明してあります、入門書の元祖といってもいいでしょう。私は手元に置きながらやっています、心強い存在です。
よろしければこ本の画像をクリックしてみて下さい、一冊いかがですか?

アマゾンでは1500円以上送料無料、代金引換(手数料260円)も利用できます。

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://kawaken.blog.bai.ne.jp/trackback/41435

Trackbacks

Go to top of page