バファローズ オープン戦 最終回

喜びあうナイン
〈WBC日本 世界一〉
キューバに勝って世界一になりましたね、王ジャパンおめでとう!韓国戦の呪いから解き放たれたら勢いがついちゃいましたね。印象的だったのは一回表、多村のデッドボールの後、やられたらやり返す、里崎が空振りした時バットがピッチャーに向かってほうり投げた時、王ジャパンの闘志を感じましたね。
圧巻は9回表満塁でとっておきの代打福留だ、今度は技ありのレフト前タイムリーだ、彼こそ大会のMVPだ!MVPは松坂ですけど…9回裏、先頭打者に二塁打を打たれて、また近鉄時代の大塚劇場再演か!と思ったが宮本がナイスタイミングでマウンドへ。この後一点は取られましたが、後続を抑えて試合終了!やってくれました、松坂の気迫の投球も勝利を呼び込みましたね。思わず目頭が熱くなってきました。マスコミに一次リーグで一勝二敗で弱いとか散々叩かれ、棚ぼたで準決勝に出場できたとか言われていたが世界一になった。運にも左右されるが真の実力が無いとここまで来れない、日本の野球のレベルが高い事が証明されて大変嬉しい。ジャパンのメンバーの皆さん本当にお疲れ様でした、感動をありがとう。

〈3.20 Bs4-6M〉
昨日は先発の山口がまた相変わらずの一人相撲の投球、2回1/3を4安打3四球5失点。教育リーグで好投した平野佳との入れ替えを検討。いいストレートを持っているんだから自信も持って投げればいいんだよ和男君、バックがしっかり守ってくれますよ。
打線は16安打14残塁の拙攻の見本市。その中でもノリがなかなか好調だ、今日も先制打を放ちきっちり仕事をこなしてます。一方の清原は風邪引きの為、欠場。最近の寒暖の差がこたえたか、寄る年波には勝てず?

〈3.21 Bs4-0T〉
今日はデイビーにつきますね。初回に満塁の大ピンチを迎えるが三振、併殺としのいだ。その後は7回無失点で投げ切る。この後は菊地原‐大久保の完封リレー。
打線は2回、阿部、日高のタイムリーで2点先制、風邪で出場が危ぶまれていた清原は2安打で3回にタイムリーを放つなど元気な所を見せた。4回には平野がスクイズで点を取るなど小技も見せた。先発がゲームを作ればなんとかなる事を証明した試合で、25日から公式戦に向けてなんとか形になってきた。

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://kawaken.blog.bai.ne.jp/trackback/43535

Trackbacks

Go to top of page