バファローズ 2006(44)

お立ち台の山崎選手
<6.27 Bs2−3H>
いやいや19日のG戦以来の久しぶりのブログの更新です、20日から23日まで試合が無かった、24日は仕事、25日は雨天中止で見れなかった。今日は気合を入れて見るぞ!と思っていたんですが仕事から帰ってきてちょっと横になったら寝てしまった・・・目を覚ましたら3回でした。

試合は先発は吉井さんと和田投手。初回、ムネリンが快足を飛ばして三塁打、カブレラが犠牲フライで先制。2回表にもう後が無いブラ砲にレフトスタンドに放り込む同点弾!ここまでは良かったんですが4回裏、満塁で山崎にタイムリー、元猛牛戦士の大村に押し出しで2点を与え逆転を許してしまう。吉井さんは6回まで投げるそんなに悪く無かったんですがね、満塁になる前の相川のエラーが痛かった。

6回表に塩崎が1点差に迫るソロホームランをレフトスタンドに放ち、グラボースキーがツーベースで続くんですが、和田を攻めきれず1点止まりに。

この後はお互いに中継ぎ投手が踏ん張り、最後は馬原に締められてゲームセット。

策も無く単発2発じゃどうしようもありません。

ホントに思うんですが、ホークスは若い選手が育ってますね、今日もタイムリーを打った山崎選手なんか、リードでも大活躍ですよね、みんな元気はつらつとしてますね。

バファローズの選手は覇気を感じられませんね、打撃でも非常に淡白で守備でも集中力を欠いて肝心な所でミスをしてますよね。交流戦の後のこれからの戦い方が大変心配です、これも統合球団ゆえひとつにまとまらないゆえの難しさか?

バファローズ 2006(43)

先発の木佐貫投手
<6.19 Bs4−2G>
いやぁ〜この週末は金曜日、職場の同僚と琵琶湖一周サイクリング、土曜日はその自転車部のブログ更新、日曜日は仕事と忙しいかったのでタイガース戦は見る事が出来なかった、大変申し訳ございませんでした。

第1戦は平野佳投手が6失点と乱調だったんですがその後、立て直して完投したんですね、ルーキーとは思えませんね、ご立派!

第2戦はオバちゃんもご乱調、いい時と悪い時がはっきりしてますよね、本当に使い物になるのだろうか?

第3戦はようやく阪神戦の連敗をストップさせましたね、復帰した大久保投手が結果を出しました。

この3戦を新聞などを見て思ったんだが、前回のBs戦で勝利したオクスプリングを満を持して登録、即先発でで使うなど完璧に阪神の岡田監督になめられている感じですね、まぁバファローズが弱いから仕方無い事かもしれませんけどね?

さて今日は先日、雨で中止となったスカイマークでのジャイアンツ戦。先発はGは今日一軍登録、即、約2年ぶりの先発登板となった木佐貫と加藤捕手のバッテリー、Bsはもう先発の柱と言ってもいいデイビー。
初回、小坂が死球で出塁するが、二岡が三塁ゲッツーに打ち取る。その裏村松に四球、北川にヒットで一死一、二塁とされるが、清原、中村を連続三振に討ち取られた。4回、木佐貫は清原にヒットを許したあと、内野のエラーで二死一、三塁とされ、グラボースキーに3ラン本塁打を許し先制!来季はグラバーは構想外らしい、若いんだから育てるつもりで契約したらと思うんだが、いい選手なのになぁ〜
さて5回裏、木佐貫に替わりマウンドは真田。この回のクリーンアップを三者凡退に抑えられる。
6回、鈴木、小坂が連続ヒットで二死一、二塁とするが二岡は三振に倒れ、反撃をかわす。7回、真田から村松がダメ押しソロ弾を放ち0対4。
8回、古城がヒット、鈴木が四球で一死一、二塁とするが、後を抑える。
9回、投手は抑えの大久保、先頭の李がヒットで出塁するが、ディロンはセンターフライ、清水はライトフライに倒れる。二死から代打の小関、古城がヒットで満塁とし、代打の木村拓が2点タイムリーを放つが、ここで加藤大輔に交代、1球で抑え試合終了。

交流戦は大きく負け越してしまいましたが最後は勝利で有終の美を飾ってくれました。今日は大久保投手が打たれてちょっと心配ですが、加藤投手が後ろに回して正解ですね、大久保投手が自信を取り戻すまでこれでいいんじゃないですか?

交流戦を2連勝という、最高の形で締めくくったBsは、24日からのパ・リーグ公式戦に戻り、ここからBsの怒涛の巻き返しに期待したい!!




バファローズ 2006(42)

ホームランを打った二岡選手
<6.15 Bs1−8G>
第1戦、2戦と連勝したバファローズ、そして8連敗中と元気の無いジャイアンツ、清原が復活して因縁対決シリーズと言われていたが昨日、私は仕事で見れなかったんですが、たまたま食事休憩の間に清原の代打の場面を見ることができたのですが、東京ドームの歓声は凄かったですね、特にGファンからの温かい声援が、オリックスに移籍しても愛されているんだなぁ。本当に凄い選手だ。
今日も最終回、ブランボーの打席で清原に交代させろみたいな声援が球場湧き上がったにが出て来なかった、昨日みたいに勝負所みたいな場面でしか出てこないとこをみると怪我の状態があまり良くないのかも?

さて試合なんですがGが投打が噛み合って連敗脱出、二岡が4打数4安打、4番・李が2本の2ランと、中軸が大当たりで8得点。投げては清原軍団の元子分、高橋尚が8回途中まで4安打1失点の好投で、8対1と快勝した。高橋尚は今季初勝利。連敗は8でストップ。

4回、二岡がライト前ヒットで出塁。李が今度はチャンスを逃さず、バックスクリーン右に飛び込む2ランを放って先制点を、さらに阿部がレフト線への二塁打で続くと、斉藤が送って一死三塁として、小関の左中間にポトリと落ちるタイムリーで3対0とした。

 5回には、仁志の内野安打の後、二岡にもこの日3本目のヒットとなるライトへの2ランが飛び出し、5対0とリードを広げられた。

6回、高橋尚のスライダー中村が上手く裁いてソロホームランを打った、1点を返した。復帰してからこの本塁打の意味は大きい、これから活躍してくれるだろう。

 その裏、斉藤が右中間への二塁打を放つと、小関のファーストゴロで三塁に進み、今季初スタメンの古城のハムから移籍後初タイムリーで1点を追加された。
わがエースの選手会長は東京ドームだから一発は警戒していたんだが2発6失点と撃沈。

7回、二岡が4打席連続のヒットを放つと、李が負けじとこの日2本目の2ランをライトスタンドへ。8対1と突き放された。

8回、高橋尚からヒットと四球で無死一、二塁のチャンスに、谷をセンターフライ、大西をセカンドフライに打ち取られた。二死までこぎつけたところで、高橋尚はマウンドを久保に譲り、中村は空振り三振。

最後は2週間ぶりの登板となる豊田が、先頭にヒットを打たれながらも無失点。

まぁ連勝して一休みといった所ですか、明日から仙台で楽天に負け越して帰ってくるタイガースとの今季関西ダービーの最終章、バファローズは交流戦は大きく負け越してしまったがここで最後の意地を見せてもらいたいもんである。

バファローズ 2006(41)

福島あづま球場
<6.13 Bs5−1G>
清原にとってリベンジの舞台が訪れた、古巣巨人から昨年屈辱の戦力外通告を受け待ちに待ったバトルが開戦、一部スポーツ紙では強行出場が伝えられたが今日はベンチスタート、代打での出番も無かったがしっかりとベンチから睨みを利かせた、その効果はいかに?

巨人の先発は内海君、新聞でびびりまくっていると伝えられている、「清原さんのこはと聞かないで・・・。意識するなと言う方がおかしい。内角球ですか?甘く投げますよ。本当に怖い」と若い先発には荷が重そう。
そこへ元清原軍団の子分、高橋尚成投手がアドバイス「顔を見たらダメ。目を合わさないでミットだけ見て投げた方がいい」と。
けど尾花投手総合コーチはおかんむり「向かっていかなあかんでしょ」と。


福島では16年ぶりの巨人の主催試合、先発は巨人が内海、オリックスはデイビー。巨人はニ回、斉藤、清水が連打でチャンスを作り、小坂が犠飛を打ち上げて1点を先制。内海は四回まで毎回走者を出しながら無失点に抑えていたが、五回、栄二さんの同点タイムリー、塩崎の2ランなどで一挙3点を奪取、逆転した。
九回には、真田、佐藤宏、酒井のリリーフ陣が打ち込み、欲しかったダメ押し点をゲット。

デイビーも調子はあまり良さそうに見えなかったが、G打線を七回までわずか4安打。八回に二岡、李の連打で二死一、二塁とピンチを迎えたが、ここで菊地原投手に交代、今日は中村監督のタイミングはバッチリだ。阿部を三振に打ち取りしのいだ。9回裏マウンドには3番手の加藤大輔。斉藤は空振り三振。清水は投ゴロ。代打・仁志は右翼ライナーで試合終了。巨人は元気なく7連敗。
Bsは連敗脱出、明日のファームの試合で守護神の大久保投手が登板、両手首を痛めてる中村紀洋選手も練習に参加、両選手とも調子しだいで明後日、即登録みたいです。

今日は理想的な展開で勝利を収めたバファローズ、明るい話題も増えてきた、交流戦も終盤、今までの調子は芳しくないが気合をいれてセリーグの人気チームをいわして(関西弁でやっつける)もらいたいもんです。


バファローズ 2006(40)

本日、6月11日は雨天の為中止、試合は翌日の18時から。只今バファローズは3連敗中、恵みの雨になってくれたことでしょう。ナインは横浜球場近くの中華街にでも出かけたのでしょうか?私も過去に一度訪れたことがあります。広くて開放感がありますね、近くに山下公園があって。けど飲茶を食べようと店を覗くんですが敷居もそうなんですが値段も高いですね。選手達も思いっきり食べて飲んで気持ちを切り替えて明日から頑張ってもらいたいもんです。
この2試合はまたまた用事で見れなかった、皆さんのブログを参考にして書かせて頂きます。

<6.09 Bs5−7Yb>
先発の若きエース、平野投手が持ちませんでしたね、そして最後萩原が村田にサヨナラ弾を浴びて万事休す。私が思うんだが現在一番頼れる投手は平野かもしれないが失点された時点で交代させるべきだった、あと2回しか残ってないし。今の監督は勝負所での交代が下手、選手を信頼するのも大事だが信頼し過ぎるのもだめだ。ある程度の割り切りも必要だろう。

<6.10 Bs4−7Yb>
この日は不安定な門倉から先制するんですが、オバちゃんが2回持たず6失点で降板、歯車が上手く噛み合いませんな〜けどこの後、1失点でしのいだ投手リレーに今後の戦い方に光明を見出した感じがします。菊地原ー加藤までに細かく繋げばいいんですよ、試合時間はかかりますが全員野球をすればいいんですよ!

故障者続出で開幕からベストオーダーで試合に臨むことができず、また交流戦でも苦戦しておりますが、その交流戦も残すところ1週間。残されたメンバーで戦っていくしかありませんが反対にレギュラーを取れるチャンスかもしれません、選手たちは思いっきりアピールして頑張ってもらいましょう!
 

バファローズ 2006(39)

メッセンジャーの黒田
<6.07 Bs3−0C>
今日からの広島戦はスカイマークでの試合、私の職場の同僚たちがこぞって観戦に行っている、それも皆タイガースファン。この素晴らしい球場での雰囲気を味わってまたバファローズの試合に足を運んでくれればありがたいです。できればタイガースから乗り換えてくれることを願ってます?
 
さて試合の方ですが、先発はBsは吉井投手とCは黒田投手。私はいつも思うんですが、名前も同じなんですが、あのふてぶてしい顔はメッセンジャーの黒田と似てません?私は毎日放送ラジオのファンなんでそれゆけメッセンジャーをよく聞いています、面白いです。生でなんばパークスでの公開放送です、TBS愛の劇場、病院へ行こう!出演してた六車奈々ちゃんにも会えますよ!
話は脱線しましたが吉井投手が円熟味のある投球で5回を0に抑えましたね、なにかトラブルで降板したみたいなんですが、何もなかったらいいですのにね。
この後は小刻みな投手リレーで完封シャットアウト!私はこの様な継投を期待していた、ひとりで長いイニングを任せるのではなく、一人必殺くらいで、志願して降格した大久保の穴を何人でもカバーしてもらいたい。
打線は昨日ノーヒットだった清原がタイムリーとホームランと大活躍!今日のスポーツ新聞ではさんざん叩かれていたので燃えたのだろう。
今日は、先取点、中押し、ダメ押し点を取って投手陣がしのぐという気持ちの良い試合を見させて頂きました、あ〜スッキリした!ていう感じかな?

バファローズ 2006(38)

4日決勝打の宮本選手
この3連戦はフジテレビ739で放送してたので私のケーブルテレビでは別途料金を払わなければ見れない、けど考え方によれば今月は神宮3連戦と私の好きなF−1が2レースが生で見れるので、これだけで1番組あたり210円、全く見ないNHKのことを考えたら安いものですか。
なのでこの3連戦の感想はみなさんブログとか、ネットでの情報を元にまとめて書かせて頂きます。

<6.02 Bs7−10×Ys>
なかなかいい感じで試合を進めていたんですが終盤追い上げられて、守護神の大久保投手が打たれてしまいましたね、今年は本当に調子が出ませんね。昨年3年間けがから復活した影響でしょうか?

<6.03 Bs4−0Ys>
いや本当に凄いルーキーが現れたものだ、Fの八木君にならぶ6勝目、防御率もHの斎藤を超えてトップ、6完投3完封勝利ですかもうルーキーじゃないですよエースの風格さえ漂ってますよ。

<6.04 Bs5−12Ys>
今日も2日同様途中までいいところまで行ってたんですけどね、7回表に満身創痍の北川選手に逆転のタイムリーが出たまでは良かったんですが、その裏に加藤投手が打たれてミスも重なって宮本選手に逆転打を許してしまいましたね、こうなると調子の良いスワローズ打線を止めることができずビックイニングに。
私は思うにはバファローズの選手は異様なプレッシャーを感じてプレーをしているのでは?リードされれば投手陣は抑えなくては、相手に抑えられたら打撃陣は打たなければと思っているのでは、雰囲気が悪いですね。もっとリラックスしてプレーすれば良い様な感じがします。

Bsの公式HPの試合速報の担当者も怒り心頭なんでしょうか?結果は7回Bs5−4Ysで止まっています(20:05現在)

バファローズ 2006(37)

引換券
<6.01 Bs1−5D>
久しぶりの更新です、昨日は仕事で見れず今季D戦初勝利を見逃がしたんだが、おととい家に居たんだが何か知らず月曜日と勘違い、気が付いたのは水曜日の朝、ありがとう浜村淳ですのラジオを聞いていたら「阪神勝ったあくる日はメルシャンワインで乾杯しよう」て言ってるじゃないか、えっ昨日野球やってたんか!ていう感じでした、ほんまボケてましたわ。

さて5月26日から6月8日まで清原選手のピンバッチが必ずもらえるとファンクラブから携帯にメールが来たのでドームへ行くとステップアップは来場ごと、レギュラー、ジュニアは3回目来場の方が対象らしい。携帯メールにはこの様な条件は書いていなかった。家に帰ってHPで確認すると同じ様な事が書いてあった、私の確認不足もあるかもしれないが携帯の文面ではファンクラブの会員は無条件でもらえると勘違いしてしまう、子供のスタンプが2回目のリーチがかかっていたから引換券はもらえたから良かったが、期待して行ってる人もいるかもしれないのでオリックス球団としては気をつけて欲しい。

今日は久しぶりのドームでの観戦、テレビを見ながら夕食を食べて、3回に栄二さんがタイムリーで先制、今日は幸先の良いスタート。期待しながらラジオを聞きながら自転車を漕いでドームに着いたのは魔の6回、先発の吉井さんが5回まで良かっただけに残念、ウッズ、アレックスを打ち取ってホットしたのかな勝負をあせったのかな、代打の立浪に逆転タイムリー。吉井さん本人も作戦ミスと言う様に1塁が空いていた。そして森野のタイムリーの時も村松が返球にあせったのかな?
今日は見ていて思ったのだがベンチワークが悪い、私は6回英智、井端連打を浴びた時点で交代と思っていたのに引っ張り過ぎた。中村監督はもう少し投げさせても良い所で交代させたり、交代させないといけない場面で引っ張りすぎたりとタイミングが悪い。

明日から神宮での3連戦、けが人続出で大変ですが、このあいだの負け越した借りを返しに頑張って下さい!



Go to top of page